元美術教師が建てた【約3万円】コブハウスを作る9個の裏技

DIYHOUSE

 250-cob-housepic:inhabitat

元 美術教師、自作ハウスへ挑戦

イギリス・オックスフォードシャーに住む、Michael Buckさん(59歳) は、美術の教師を退職した後、庭の敷地内に自らの力で素晴らしい家を建てました。

Buckさんの決して曲げられない信念は、“コストダウン

その為に、彼は自分で探せる素材だけを使い、電気を使わない工具のみを使用するという徹底ぶり。

家を買う余裕がないと思っている人たちにとって、この家は低予算で建てることができる最高のインスピレーションになるでしょう。

コストダウンの為の徹底した節約ぶり

Buckさんは、この家を最初に封筒の裏側にデザインし、①2年以上かけて地元の素材を集めることに費やしました。

②床板は、近所の人が放置していたボートから作られ、③窓ガラスも廃棄物のトラックから引き上げられたものです。

④さらに、藁でさえも周辺の畑の藁葺き屋根から収集されたものです。

michael-buck-cob-house-oxfordshire-england-5pic:inhabitat

この家には電気も水も通っていません。

しかし、⑤近くを流れる小川から新鮮な水を得ることができ、⑥壁土の断熱高価のおかげで暖炉だけで家の熱を十分キープすることができます。

家の外に巧妙に球形に積み上げられた木は、暖炉の燃料として使用されます。

michael-buck-cob-house-oxfordshire-england-3pic:inhabitat

⑦にわとりたちが食料を供給してくれ、⑧近くの井戸は冷蔵庫としても利用できます。

⑨少し離れた小屋にコンポストトイレを作ってあります。

michael-buck-cob-house-oxfordshire-england-7pic:inhabitat

建築費は0円?

建築中に藁と釘がなくなってしまった時に、$250を支払わなければいけなくなりました。

もしなくならなかったら払う必要がなかった。

ということは、この家はほぼ、0円で建てられたと言ってもいいでしょう。

『素敵な家は高い金額を払わなくても建てることができる。必要なのは、建てるための土地さえあればいい』

Buckさんは、この家を建てることにより、多くの人にこのようなことを証明したかったと言っています。

『私たちの社会のほとんどの人たちは、住宅ローンを支払う為に生活をしていて、彼らの人生や生活にあまり満足しているようには思えない』ともBuckさんは話しています。

Buckさんの信念は強く、本当に実現させた家をみて、低予算でも家を建てることができると私たちに教えてくれています。

美術教師の家つくりを通じてのアート作品は、住宅金額への挑戦ともいえるかもしれません。

michael-buck-cob-house-oxfordshire-england-2 michael-buck-cob-house-oxfordshire-england-4michael-buck-cob-house-oxfordshire-england-6apic:inhabitat

via:inhabitat

スモールハウスおすすめ本!


Editors' Voice

佐藤 駿
佐藤 駿
佐藤 駿    Facebook  Twitter

デザインファーム【THE APP BASE株式会社】代表取締役/コワーキングスペース【DEN】管理人/未来の選択肢を共有するWEBマガジン【THINK FUTURE】編集長/欲しいものはつくろう、自分の手で。DIY写真.レシピ共有アプリ【HANDIY】運営

1984年9月27日生まれ。中央工学校建築設計科卒。3姉妹のパパ。
建築業界(現場監督、設計事務所等)→東日本大震災で価値感が大きく変わり、場所に捉われない働き方ができるIT業界へ転身。
起業と同時に東京から長野へUターン。長野でコワーキングスペースDENを始め、地方発の起業家を増やし小さな経済圏を構築、挑戦する人を増やす。
未来の選択肢を共有するWEBマガジン THINK FUTUREで新しいライフスタイルを提供。
スマートフォンアプリのデザインやWEBサービスのUI、UXデザインを主に手がけ、ひいては建築の意匠設計・地域デザイン等、「広義のデザイン(問題を捉える正しい表現を掴む)」と「視覚のデザイン(問題を解決するUI、UXデザイン)」の両面からアプローチするデザインファーム。