【黒板革命!】ハイブリッド黒板で子供のやる気が変わる!

OFFICEPRODUCTTECH

スクリーンショット 2015-05-22 13.15.48

「今までの黒板×電子黒板」のコラボで授業が変わる

100年以上変わらない黒板の歴史を変えて、授業も、先生も、生徒も、学校も変える。

そんなビジョンを秘めて、ハイブリッド黒板アプリ「Kocri(コクリ)」は生まれました。

ハイブリッドと呼ぶのには、理由があります。

黒板と電子黒板のイイところを兼ね備えているからです。

チョークでスラスラ書きながら、スマホをリモコンにしてプロジェクターを使って、動画や画像を一瞬で黒板に映せます。

片手にチョーク、片手にスマホをもつ先生は、きっとスマートでカッコイイ。

さぁ日本中の先生のみなさん、教室にスマホを持ち込んで、黒板を変え、授業を変え、教室の空気を変えましょう。

via:kocri

こんな授業だったら、勉強が大嫌いだった幼い僕の目の色が変わっただろう…

黒板メーカーのサカワと数々の面白い角度から事業をおこしてきた面白法人カヤックは、黒板の新しいあり方を提案する「みらいのこくばんプロジェクト」に取り組んできた。販売想定価格は5,000円。

企業としてもホワイトボードを多用しますし、十分活用できそうです。

動画を見ると、その良さが一目瞭然ですよ!

via:kocri


Editors' Voice

面白法人カヤックさんは、いつも本当に面白いプロジェクトを手がけている。

デザインファーム的な立ち位置として、古い産業領域の企業とこれからもコラボが進むだろう。

弊社も「当たり前」の感覚の角度を少し変える事業をより多く手がけていきたい。

佐藤 駿
佐藤 駿
佐藤 駿    Facebook  Twitter

デザインファーム【THE APP BASE株式会社】代表取締役/コワーキングスペース【DEN】管理人/未来の選択肢を共有するWEBマガジン【THINK FUTURE】編集長/欲しいものはつくろう、自分の手で。DIY写真.レシピ共有アプリ【HANDIY】運営

1984年9月27日生まれ。中央工学校建築設計科卒。3姉妹のパパ。
建築業界(現場監督、設計事務所等)→東日本大震災で価値感が大きく変わり、場所に捉われない働き方ができるIT業界へ転身。
起業と同時に東京から長野へUターン。長野でコワーキングスペースDENを始め、地方発の起業家を増やし小さな経済圏を構築、挑戦する人を増やす。
未来の選択肢を共有するWEBマガジン THINK FUTUREで新しいライフスタイルを提供。
スマートフォンアプリのデザインやWEBサービスのUI、UXデザインを主に手がけ、ひいては建築の意匠設計・地域デザイン等、「広義のデザイン(問題を捉える正しい表現を掴む)」と「視覚のデザイン(問題を解決するUI、UXデザイン)」の両面からアプローチするデザインファーム。